平成27年度 紀南 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 73 44 29 57 80 145 376 698 931 400
平成27年度に退院された患者様を年齢階級別に集計しております。退院患者の年齢構成を見ると、その病院の特徴をある程度知ることができます。
当院では、80代の患者様が一番多く、70歳以上の割合が71%となっており、高齢化を表しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 167 30.71 21.69 16.17 85.92
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 94 20.39 14.34 8.51 79.61
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 63 23.10 12.60 11.11 81.00
内科入院症例では、上位1位、2位が肺炎関連となっており、特に誤嚥による肺炎の患者様が多くなっております。平均年齢が高くなっていることもあり、在院日数が長くなっております。また、内科入院症例には、大腸ポーリープ切除目的の入院もありますが、定義により短期滞在入院料算定症例は含まれない為、上表には入っておりません。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 13 3.92 5.50 0.00 3.69
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 6.73 6.31 0.00 3.45
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 10 4.70 5.72 10.00 6.00
小児科入院症例にて1番多くなっているのは、ノロウイルスやロタウイルスなどによる胃腸炎となっております。次いで喘息、肺炎が上位にあがっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 9.58 9.17 5.26 76.79
060210xx9910xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 18 17.44 13.80 5.56 77.83
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 18.20 17.41 6.67 75.00
外科入院症例にて上位1位、2位はヘルニアの記載のない腸閉塞(イレウス)となっております。2位のイレウスに関しては、ロングチューブ挿入等の処置を要するものとなっており、1位のイレウスよりも在院日数が長くなっております。また、大腸ポリープ切除目的にて外科入院される患者様もおりますが、短期滞在入院基本料算定患者となっており、上表には入っておりません。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 54 53.70 28.70 16.67 84.76
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 45 71.27 21.52 4.44 77.04
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 15 3.47 5.70 0.00 68.33
整形外科入院症例にて最も多いのは、高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発症する大腿骨近位部骨折が最多で、2位は腰部の圧迫骨折、3位は前腕の骨折となっており、1位、3位の項目に関しては、手術を要する症例となっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.91 - -
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 - - 28.70 - -
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 15.80 - -
脳神経外科入院症例にて最も多いのは、慢性硬膜下血腫にて穿孔洗浄手術を行う症例となっております。患者数に関しましては、10人未満の為「-」と表示しております。また、2位に股関節大腿近位骨折が入っているのは、当院では、回復期リハビリ病棟の担当医師が脳神経外科医となっており、整形外科にて股関節大腿近位骨折の加療後、回復期リハビリ病棟へ転棟を行っている為だと考えられます。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.34 - -
120010xx97x00x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.93 - -
120010xx97x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術処置2-5あり 定義副傷病名なし - - 19.20 - -
産婦人科入院症例にて最も多いのは、流産による入院、次いで卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍となっておりますが、患者数は10人未満の為、「-」にて表示しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等24あり 51 2.02 2.53 0.00 74.88
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし - - 7.99 - -
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 - - 7.42 - -
眼科入院症例にて最も多いのは、白内障の入院となりますが、短期滞在入院基本料算定となっている為、上表には表示されておりません。その他では、黄斑変性症に対する入院が多くなっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 11 - - 1 7
大腸癌 - 22 14 17 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の事をいいます。
UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を、一度に表わすことが出来るように作られたのがStage分類です。
当指標では、患者数10名未満の箇所は、「-」にて表示しており、当院では、胃癌、大腸癌以外の3項目において、stageⅠ~Ⅳまで10名未満となっている為、数値が表示されておりません。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 14 9.29 55.50
重症度 1 45 18.29 82.56
重症度 2 29 34.86 83.97
重症度 3 10 28.20 85.70
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しております(10名未満の患者数については「-」にて表示しております)。重症度については、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム※)により分類しております。
当院では、重症度1が最も多くなっており、原因としては、A-DROPシステムにおいては男性70歳、女性75歳以上が評価項目の1つとなっている為、高齢化により重症度1が多い状況にあると考えられます。また、重症度が高くなる程、平均年齢が高くなっております。

※A-DROPシステム
①男性≧70歳、女性≧75歳
②BUN≧21または脱水(+)
③酸素飽和度≦90%
④意識障害(肺炎に由来する)
⑤sBP≦90mmHG

上記の評価項目を満たす数により重症度を判別します。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 79 43.1 80.6 15.2
その他 13 42.2 80.5 15.4
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しております(10名未満の患者数については「-」にて表示しております)。
当院では、I63$ 脳梗塞の患者様が大部分となっており、その他の病型に関しては、10名未満となっており、数値は表示しておりません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 108 0.28 1.90 0.00 68.21
K654 内視鏡的消化管止血術 31 1.06 18.65 3.23 80.74
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 27 2.52 18.44 7.41 80.93
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 42 0.14 1.24 0.00 68.98
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 17 1.00 3.06 5.88 69.06
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 16 3.56 5.00 0.00 74.88
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨) 52 7.31 47.65 13.46 80.25
K0811 人工骨頭挿入術(肩) 26 5.38 49.65 15.38 82.65
K0462 骨折観血的手術(下腿) 19 2.53 14.05 0.00 70.74
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 10 0.50 34.50 20.00 77.90
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 181 0.0 2.2 0.0 76.5
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 168 0.00 2.07 0.00 76.90
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 14 0.00 3.50 0.00 72.64
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) - - - - -
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 28 0.99
異なる 12 0.42
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 20 0.71
異なる - -
医療の質の改善に資する為、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について症例数、発生率を示しています。
播種性血管内凝固症候群、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症の入院契機病名と異なる項目に関しましては、数値が10未満の為、「-」と表示しています。また、敗血症に関しましても、入院契機病名と同一の場合0.99%、異なる場合0.42%となっており、平成26年度の全国DPC対象病院データ集計では、全症例に対する割合は、敗血症は0.56%となっており、全国割合との差も少ない結果となっております。
更新履歴
2016/9/16
病院指標の公開