部門紹介

医療安全推進室

スタッフ

医療安全管理者専従看護師1名


概要

平成25年に医療安全推進室が設置され、医療安全管理者として専従で看護師が配置されています。以前、医療事故はあってはならないものだと考えられていましたが、間違いを起こさない人はいません。もちろん医療事故はあってはならないものですが、人は誰でも間違えるという事を前提に取り組むことが重要だと考えています。医療事故が発生した場合、直ちに最善の処置をし、本人・家族に十分な説明を行いますが、事故を起こした個人を責めるのではなく、背景やシステムを検討しなければなりません。そのためにも普段から医療事故や事故を起こしそうになった経験を集め、分析、検証、見直し、評価を行い事故につながらないように取り組んでいます。

 

○業務内容
  • 医療の質の向上及び安全に関する事項
  • インシデントレポート等に関する調査・分析
  • 医療事故防止のための改善策の策定・実施及び周知
  • 医療安全管理委員会開催の判断
  • 院内各部署における医療安全管理状況の点検
  • 医療の安全性に係る教育及び研修
  • 医療の安全に関する最新情報及び警鐘事例の職員への周知
  • 医療安全マニュアルの見直し
  • 医療安全に関する院外への情報提供
  • その他医療安全に関する事項

 

平成27年度医療安全研修

日時

項目

内容

対象

4月

新採用者
オリエンテーション

安全の基礎
医療安全マニュアルについて
インシデントレポートKYT

新採用者

4月
(合計6回)

第1回
医療安全研修会

ファントルくん操作説明会

全職員

4~5月

CE室研修会

心電図モニター研修会

医師・看護師

5月

CE室研修会

人工呼吸器の取り扱い
バイパップの取り扱い

医師・看護師

9月

医療安全研修会

チーム医療について

教育委員会レベルⅡ対象

9月

医療安全研修会

ファシリテーターのための
KYT研修会

各部署所属長・各リスクマネージャー

9月

医療安全研修会

DVTについて
弾性ストッキングとフットポンプ

医師・看護師

9~10月
(合計8回)

第2回
医療安全研修会

KYT研修会

全職員

11月

CE室研修会

人工呼吸器の取り扱い
バイパップの取り扱い

医師・看護師

12月

医療安全研修会

看護学生と医療安全

総合実習学生

3月

救急勉強会

第3回紀南メディカルラリー

希望者

毎月第1木曜

救急勉強会

「それは戦争だった」当院内科医
「NIHSSの付け方」当院内科医
「分娩について」当院助産師
「三重県における救急」三重大学救急教授
「ショックについて」当院内科医
「骨折と治療」当院整形外科医

紀南医師会・熊野消防等

毎月第3木曜

救急勉強会

BLS講習会:実技

未受講の方・受講後3年以上経過した方

毎月

研修医研修会医療安全研修

医療安全の基礎

研修医

採用時

中途採用者医療安全研修

医療安全の基礎
医療安全マニュアル

中途採用者

 

体制

○運営体制  
平成25年6月に医療安全推進室が設置されました。
室長である副院長のもと、医療安全推進室には専従看護師1名が配置されています。専従以外にもリスクマネージャーと称し、兼任の看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師、理学療法士、栄養士、臨床工学技士、社会福祉士、事務の協力を得て、毎月2回のリスクマネージャー会議を開催、活動を行っています。平成27年度よりインシデントアクシデント報告書が電子化され、より報告しやすい体制を取ることが可能となりました。

 

特筆すべきPR

メディカルラリーは医師・看護師・救命士など数人で一つのチームを作り、いくつかのステージをラリーのようにまわり、それぞれの状況設定の中で模擬患者を診察・処置する実技コンテストです。
当院では地域で活動する様々な医療従事者が参加できるように熊野消防・紀南医師会と共同で工夫しながら取り組んでいます。

 

 

 

トップ