部門紹介

薬剤部

スタッフ

薬剤部は、現在、薬剤師5名と事務員1名のスタッフで構成されており、外来調剤、入院業務、医薬品管理業務等に従事しています。

 

 

 

概要

 紀南病院におきましても、厚生労働省による「医薬分業の推進」により、院外処方せんの発行が始まり、ほぼ100%近くを院外処方せんとして発行しており、薬剤師の業務も従来の外来業務中心から入院業務へとシフトしております。
  今後とも、患者様の信頼に応えられるよう精進していきたいと思います。

 

業務内容

○調剤業務

主に入院患者様の完全一包化調剤を行い、確実な服薬ができるよう調剤しています。また併設されているきなん苑の調剤も行っています。処方箋で禁忌、相互作用をチェックし、必要に応じて医師に問い合わせを行っています。胃瘻・経鼻栄養の患者様、錠剤内服困難な患者様には粉砕・簡易懸濁法などの提案をしています。嚥下困難な患者様のために積極的に口腔内崩壊錠を採用しています。
入院患者様の注射薬のセットを行い、配合変化や投与時間等の確認をしています。


○薬剤管理指導業務

入院患者様のベットサイドでの服薬指導を基に、処方チェック、持参薬報告鑑別書の作成、医薬品の適正使用、薬剤アレルギーの有無の確認・副作用チェック等を行い患者サービスの向上を目指しております。

医薬品情報管理業務

 医薬品に関する質疑に対応すると共に、製薬会社等から情報を収集し、月に1度DIニュースの発行を行っています。必要に応じて電子カルテにて緊急メールを発行しています

○医薬品管理業務  

各種医薬品の特殊性に応じ、有効性、安全性を確保した在庫管理、病棟への供給管理を行っています。また、定期的に開かれる薬事審議会で新薬の採用や不要医薬品の削除等を行い、在庫を最小限に保っています。年2回院内全ての医薬品の期限をチェックし、期限の切れた薬を使うことがないよう管理しています。

 

体制

薬剤部長 1名
主任 1名

土曜日・日曜日・祭日は日勤帯に薬剤師1名勤務
平日は18:00まで調剤室に薬剤師1名以上在中

夜間待機・当直なし

 

機器

退院時や外来調剤に添付している薬剤情報をリニューアルし、より正確に情報を提供できるようになりました。
2台あるうちの錠剤分包機の1台が20年を経過し新型に入れ替えました。
より安全で確実な調剤を目指します。

 


安全キャビネットを使用し抗癌剤の無菌調整を行っています。

 

 

 

ひとこと

紀南病院主催の糖尿病教室において講師を務め、糖尿病ウォークラリーにおいてはボランティアスタッフを派遣し、紀南薬剤師会と供に地域医療に貢献できるよう努めています。 栄養サポートチーム・ICTチームに薬剤師が参加しチーム医療を行っています。 薬剤師を目指す大学生の長期実務実習の受け入れを行っています。


トップ