病院について

沿革

昭和23年9月10日 南牟婁郡町村会(21ヶ町村)立南牟婁民生病院設立
  内科、外科、小児科 25床 初代院長 山元 利文
昭和24年4月 南牟婁国民健康保険連合会設立
昭和27年4月 南牟婁民生病院組合(一部事務組合)設立
昭和30年4月 附属准看護婦養成所開設
昭和33年3月 附属准看護婦養成所休止
昭和41年5月 救急告示医療機関の指定を受ける
昭和52年4月 へき地中核病院の指定を受ける
昭和55年4月 南牟婁民生病院を紀南病院に名称変更
昭和56年10月 人工透析診療 開始
平成4年10月 運動療法施設承認
平成10年7月 老人保健施設「きなん苑」竣工(入所100人、デイ・ケア15人)
平成11年4月 第2種感染症指定医療機関4床指定
平成14年1月 外来棟増築竣工、4Fに療養棟設置(40床)
平成14年4月 一般病床234床、療養型病床40床、結核病床10床、感染症病床4床
  病床数合計288床に変更
  泌尿器科専門医教育施設
平成16年10月 管理型臨床研修病院 指定
平成21年4月 三重県地域医療研修センター開設 センター長 奥野正孝先生
平成26年4月 健診センター開設
  本館改築工事着工
平成27年4月 療養病棟を回復期リハビリテーション病棟(40床)に転換
  SPDシステム導入
平成27年11月 一般病床52床を地域包括ケア病床に転換
平成28年4月 新本館竣工

 

トップ