新本館について

新本館について

平成28年4月より、紀南病院の新本館が使用開始されます。

【工事工程】

平成24年4月から、設計業者により基本計画、基本設計、実施設計が開始

平成25年 7月

実施設計が完成

平成26年 3月 入札で工事請負業者が熊谷組に決定
平成26年 4月 平成26年4月 工事着工 
平成26年10月 既設棟の改修、旧本館機能移転が完了
平成26年11月 旧本館の解体開始
平成27年 1月 旧本館の解体完了 新本館工事建設着工
平成28年 3月 新本館竣工

 

【新本館概要】

1.面積
  新本館 5F(一部6Fヘリポート)延べ 約4,200㎡ 
                          
2.本館概要
  基礎免震構造
  1F  事務室、院長室等管理部門、職員更衣室、貯水槽
  2F  救急受入れ、処置室、内視鏡室、医師・看護師待機室、会議室
  3F  病室  38床  4人部屋×7室
               1人部屋×5室
                ハイケアユニット 5床×1室
  4F  リハビリテーション室、(理学療法、作業療法、言語療法)、展望室(一般利用)
  5F  手術室(4室)、中央材料室
  6F  電気室、自家発電室、ヘリポート

免震構造

新本館は基礎免震構造とし、災害時に地域の拠点として活動できるよう設計しております。基礎免震構造とは、地震によるゆれが直接建物に伝わらないように、基礎部と上部の建物の間に免震装置を設置するものです。この構造では、建物そのものの被害を防ぐだけでなく、備品の倒壊などの二次災害も防ぐことができます。

ヘリポート

屋上にドクターヘリ用のヘリポートを設置し、三次医療機関等への搬送や、救急医療現場から当院への搬送がスムーズに行えるようになります。

 

新しい救急外来

救急外来も新しくなりました。


 

海の見えるリハビリテーション室

4階には太平洋が一望できる絶好のロケーションでの回復期リハビリテーション病床の入院患者さんが使用するリハビリテーション機能訓練室を設置しました。

新病室

3階は、急性期の病室38床を設置しました。内5床は、ハイケアユニットとして、重症度が高く、より高度な治療や処置、看護ケアを行う病床となります。

 

 

トップ