診療科/医師紹介

内科

診療科概要

外来診療日

月~金(祝・年末年始を除く)
※紹介状及び事前予約が必要です。詳しくは下記をご覧ください。

○予約の変更、キャンセル、キャンセル後の取り直しは、以下の通りお電話で受け付けております。
平日 月~金曜 午後2時~5時 05979-2-1333(代)
○かかりつけの患者様で、次回予約前にお薬がなくなってお薬のみ必要なときは、以下の通りお電話で受け付けております。症状やお薬によっては受診なしでは処方できない場合がありますがご了承ください。
平日 月~金曜 午前8時30分~11時30分 05979-2-1333(代)

外来担当表

休診案内



専門外来

専門外来

担当医師

診療日

リウマチ・膠原病専門外来

髙見勇一郎医師

初診:第2・4月曜
再診:第2・4水曜

血液内科専門外来

中井桂司医師

第1・3水曜

糖尿病専門外来

住田安弘医師

月1回金曜

循環器専門外来

山門徹医師

月1回金曜

肝臓病専門外来

杉本龍亮医師

月1回金曜

呼吸器専門外来

畑地治医師

第2火曜

紹介状及び完全予約制のお願い

紀南病院内科の初診外来診療は、現在、医院・診療所等の紹介状と事前予約が必要となっております。医師不足の中でも救急外来と入院患者様をできるだけ受け入れる為の方策となりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

  1. 開業医の先生からの紹介状を持参されない患者様の内科外来診療はお断りさせていただきます。
  2. 内科外来診療は完全予約制となりますので、必ず予約を取ってください。 健康診断・人間ドック等で異常を指摘され精密検査が必要な方も予約と紹介状が必要となります。ただし、当院で受けた健診・ドック等で異常を指摘されて精密検査が必要となった方のみ、紹介状は必要ありません(要予約)。
  3. 現在、内科外来通院中の患者様も、可能な限り地域の開業医の先生へご紹介させていただき、そちらでの通院をお願いいたします。

 救急の患者様はこの限りではありませんが、原則、当院内科がかかりつけの患者様(紀南病院の内科に定期的にかかっている患者様)と救急車以外の方は、開業医の診療時間内は一度開業医にご相談ください。また、救急での診療をご希望の場合、事前にお電話でご相談ください(既に救急が込み合っている場合お待たせすることになるので、別の病院への受診をお願いすることがあります)

 当院といたしましては、引き続き医師の確保に努力するとともに、救急外来、入院患者の受け入れ等は従来どおりに行っていきますので、よろしくお願いいたします。

※予約方法(応対部署:地域連携室)
・個人の一般患者様 : 平日午前9時~午後5時 お電話(05979-2-1333)にて
・医療機関からの紹介患者様 : 医療機関の先生から原則FAX(05979-3-1301)にて

詳しくはこちら(地域連携室のページ)をご覧ください。

概要

 高齢者の患者さんは、いろいろな病気を合併していることがあります。内科の病気以外にも整形、外科、眼科、皮膚科などに関連する症状を持っておられます。患者さんの全身を診察して症状に見合った診療科と一緒に治療をさせていただいております。筋力低下による歩行困難に対しては理学療法士、作業療法士とともに歩行、日常生活動作の訓練をおこなっております。また嚥下困難による摂食不良に対しては、言語聴覚士による嚥下訓練や歯科口腔外科医師による口腔内の診療を行っています。 
紀南地方は、糖尿病にかかっておられる方が多い地区です。このため糖尿病のコントロールや教育を行う目的で糖尿病教育入院を実施しております。医師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、検査技師、歯科医師、栄養士、理学療法士がチームを組んで1または2週間治療にあたっております。教育入院開始後100名以上の方が利用されています。

当院では、消化器内視鏡による検査・治療を行っております。上部消化管、下部消化管の内視鏡的検査・治療(胃内視鏡、大腸内視鏡、胃粘膜下層剥離術、大腸粘膜切除術など)胆道系の内視鏡的検査・治療(内視鏡的胆管膵管造影、内視鏡的乳頭筋切開術、内視鏡的胆管ドレナージ術、ステント術など)

平成16年度にスタートした新臨床研修医制度(医学部や医学科卒業後の2年間に、各医師が希望する研修病院にて修練する目的で各診療科を一定期間ローテートして幅広く学習する制度)のカリキュラムとして、地域保健医療を学ぶ機会があります。 当院ではこの地域保健医療に訪れる研修医が県内外から20年度15名、21年度20名超、22年度は30名超予定で、診療体制を充実しているところです。 
 平成21年4月には、三重県の医師の確保や医療の地域格差是正を図るため、県と市町、三重大学が連携して、地域医療に従事する医師を育成する取り組みの一環として「三重県地域医療研修センター」が発足し、センター長に地域医療の第一人者である奥野正孝先生をお迎えしました(センター長挨拶はこちら)。 奥野先生には紀南病院の内科総括も兼任していただき、より一層の医療の充実を図っていきます。

  地域の皆様により安心して、より良い医療を提供できるようスタッフ一同努力しております。


主な取扱疾患

中高齢者の急性期疾患(肺炎、脳卒中、心不全、不整脈、心筋梗塞、狭心症、胃炎、胃潰瘍、尿路感染症など) 高齢者の慢性期疾患(骨粗鬆症、筋力低下による歩行困難、嚥下困難による摂食不良、腫瘍性疾患など) 一般成人の慢性期疾患(糖尿病、高血圧症、脂質異常症、腫瘍性病変など)

医師紹介

フリガナ
氏 名
 オクノ マサタカ
奥野 正孝
卒業年 1978年
専門分野 へき地医療、医学教育
専門医・資格 日本プライマリ・ケア学会指導医
所属学会 日本プライマリ・ケア学会
日本内科学会
日本医学教育学会
フリガナ
氏 名
 タカジ サトシ
髙司 智史
卒業年 1988年
専門分野 内科学、消化器病
専門医・資格 日本内科学会認定内科医
日本内科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医講習会修了
医学博士
三重大学医学部臨床講師
所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本ヘリコバクター学会
日本東洋医学会
フリガナ
氏 名
 コバヤシ フミト
小林 文人
卒業年 1993年
専門分野 内科
専門医・資格 日本内科学会認定内科医
所属学会  
フリガナ
氏 名
 スズキ ミツヤ
鈴木 光哉
卒業年 1997年
専門分野 内科
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 ツジ マサノリ
辻 正範
卒業年 2009年
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 モリカワ タカアキ
森川 昇玲
卒業年 2011年
専門分野 消化器病
専門医・資格 ICLSプロバイダー
JPTECプロバイダー
JATECプロバイダー
ISLSプロバイダー
NCPRプロバイダー
所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
フリガナ
氏 名
 ノムラ タツマ
野村 達磨
卒業年 2012年
専門分野 消化器全般、内視鏡診断・治療全般(ESD、ERCP等)
専門医・資格 内科認定医
所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
フリガナ
氏 名
 モリモト シンノスケ
森本 真之助
卒業年 2013年
専門分野  
専門医・資格 ICLSプロバイダー
JPTECプロバイダー
JATECプロバイダー
ISLSプロバイダー
NCPRプロバイダー
所属学会  
フリガナ
氏 名
 ハマグチ マサヤ
濵口 政也
卒業年 2013年
専門分野 家庭医
専門医・資格  
所属学会 日本プライマリ・ケア学会
フリガナ
氏 名
 オノ ユウタ
小野 佑太
卒業年 2014年
専門分野  
専門医・資格  
所属学会 日本整形外科学会
フリガナ
氏 名
 イチイ ユウタ
一井 佑太
卒業年 2014年
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 マスダ コウスケ
増田 考祐
卒業年 2015年
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 スミダ ヤスヒロ
住田 安弘(非常勤)
卒業年  
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 ヤマカド テツ
山門 徹(非常勤)
卒業年  
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 ナカイ ケイジ
中井 桂司(非常勤)
卒業年  
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 スギモト リョウスケ
杉本 龍亮(非常勤)
卒業年  
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 タカミ ユウイチロウ
高見 勇一郎(非常勤)
卒業年  
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 ホリキ ノリユキ
堀木 紀行(非常勤)
卒業年  
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  
フリガナ
氏 名
 マツウラ リツコ
松浦 りつ子(非常勤)
卒業年  
専門分野  
専門医・資格  
所属学会  

診療実績

内視鏡診療 上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、内視鏡的胃粘膜下層剥離術、大腸粘膜切除術、内視鏡的胆管膵管造影、内視鏡的乳頭筋切開術、内視鏡的胆管ドレナージ術

 

トップ